焼き肉は世界を救う?!

集まった誰もが温かい気持ちになり幸せになる焼肉を通じて、世界にほんの小さな幸せの種を贈ります。その種がやがて大きな木になり、美しい花を咲かせ、美味しい果実になるでしょう。
そう、焼肉は世界を救うんです!
 

過去ログページ

2012年12月01日

仙台牛 ここがすごい!

2012y12m01d_105629029.jpg

前に一度、仙台牛について記事にさせていただきました。

【全国品評会で日本一を3回も受賞している超高級ブランド牛「仙台牛」の味付け霜降りカルビです。】

「「仙台牛」というブランドを付けられるのは、肉質等級「5」でないと付けることができません。
まさに名実ともに日本一の和牛、数々の高級レストランで使用される仙台牛(A5限定)の最高級霜降をあなたの食卓にも是非、どうぞ。」

という内容でした。まだ、今一、内容が使えきれていなかったので、もう一度、記事にしたいと思います。

「仙台牛というブランドを付けられるのは、肉質等級「5」でないとつけることができない」


肉質等級は、A1〜5まであり、5に近づく程、肉質が良くなるということです。
もう一つ「歩留等級」というものがあります。これは、肉牛の体格を表し、肉の量が少ない場合は、仙台牛と呼称はできません。
つまり肉質等級A5以上、歩留等級B5以上が仙台牛のブランド名を付けることができます。

2012y12m01d_110016470.jpg
仙台牛のブランドは付けることができないけど、そのちょっと手前の肉を「仙台黒毛牛」と呼称しています。
同様に松坂牛もA-5 B-5の基準を満たした牛肉のみ「松坂牛」のブランド名を付けられていましたが、松坂牛の場合、2002年に基準を緩和してしまいました。
また飛騨牛、信州牛、深谷牛も同様に、基準を緩和し、2010年現在では、日本では、仙台牛のみがこの厳しい基準を徹底しています。

舌の上でとろけるような霜降りの味は絶品です(*^_^*)

是非、一度は食べてみたいところですね!

↓仙台牛通信販売はこちらがおススメですよ♪

2012y12m01d_101949205.jpg
タグ:仙台牛
posted by 焼肉番長 at 11:11| Comment(0) | 仙台牛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。